注文住宅とお金のこと

注文住宅の予算を安くおさえて不安を解消!早めにやっておいてよかったこと

注文住宅費用の予算を安くして不安を解消する方法

注文住宅の予算は、数千万円。

数字を見ると、こわくなりませんか?

わたしは、土地の検討から工務店と契約するまでの数ヶ月のあいだ、扱う金額の大きさにおそろしくなって、夜中眠れないこともありました

みお
みお
何千万円も、ほんとうに払えるのかな…
みお
みお
ここに決めちゃって、大丈夫なの?わたし間違ってない?

と、毎晩悩んでいたんです。

そんな中で、

  • 家づくり費用の相場感覚
  • 提示された金額が妥当なのかどうか
  • 少しでも安く注文住宅を建てる方法

を知っていくことで、悩みや精神的負担がやわらぎ、ようやく購入の決断をすることができました

わたしの悩みがやわらいだのは、たった一つのことをおこなったからです。

それは…

相見積もり(あいみつもり)をとること。

※相見積もりとは、複数の会社や業者から、費用の見積もりをしてもらうことです。

この記事では、注文住宅の建築費用について相見積もりをとることで、どんなメリットがあるのかをお伝えします。

この記事をおすすめしたい人
  1. 家づくりの費用の相場がわからない人
  2. 費用を安くする方法を知りたい人
  3. 金額が大きくて怖くなっている人
  4. ハウスメーカー・工務店と値引き交渉したい人

ごゆっくりお読みくださいね。

相見積もりをとると、注文住宅の建築費用の相場感覚がわかる

工務店さん
工務店さん
鉄骨◯階建てで、△△千万円ですね〜
みお
みお
ハイ、そうですか〜!納得!

…なんて、すぐにわかるわけないですよね?

家にかかるお金はとにかく大きい数字で、感覚がおかしくなってしまいます。

1500万円?2000万円?3000万円?

安いの?高いの?

よくわかんなくなってきちゃった!

と、混乱してしまうことも。

そんなときに、少なくとも3〜4社から見積をとっておくと、少しずつ「相場」が見えてきました。

  • 本体価格って?
  • 坪単価って?
  • 基礎工事にどのくらい?
  • 木造と鉄骨、どうちがう?
  • キッチンやバス、オプション価格は?
  • 設計費用はおいくら?
  • 諸費用は?

これらのことは、家づくりをするまでまったく知らなかったことです。

でも、3社、4社と見積を見ていくごとに、だんだん「こんなものなのかな?」という感覚がわかってきました

みお
みお
時間さえあれば、あと数社から見積をもらってもよかったかも?

▼忙しい方は、ネットから相見積もりも可能です▼

工事の項目ごとに比較ができる

はじめて見積書を渡されたときは、なにがなんだかよくわかりませんでした。

でも、複数の見積を見ていくうちに、少しずつ見方がわかってきます。

すると、業者ごとに項目や金額がちがうことにも気づくようになりました。

A工務店は電気工事に80万円。

B工務店は35万円。

コタ
コタ
あれ?なんでこんなに違うの?

こんなことが、いくつも出てきます。

相見積もりをとっていないと、わからないことですよね。

「この金額は、どういう根拠で算出されているのかな?」と疑問に思ったら、担当者さんにどんどん質問してみましょう。

  • 工事の内容が違う
  • 仕上がりの内容が違う
  • 単価・人件費が異なる

など、内訳が異なることの説明で納得できることもありますし、「あちらは◯◯円でしたけど…」と言うと値引きしてくれることもありました

▼相見積もりしてみないとわからないことはたくさんあります▼

値引き交渉ができる

相見積もりをとっていると、しっかり値引き交渉を行うことができます

つぎの2つの理由からです。

  1. 値引き交渉の根拠が得られる
  2. 相手も、他社の存在を意識してくれる

相見積もりがなくても値引きをお願いすることはできるかもしれませんが、効果は薄いでしょう。

相見積もりをすると、値引き交渉の根拠が得られる

相見積もりをとると、

  • 他社より費用が高い項目
  • 他社の見積には入っていない項目
  • 他社と計算方法がちがう項目

などがわかります。

「◯◯を削れませんか?」

「◯◯をもう少しお安くする方法はないですか?」

などと、具体的に質問・お願いすることができます

よくわからずに「安くしてください〜!」と言うよりも、ずっと建設的ですよね。

ハウスメーカー・工務店が、他社の存在を意識して値引きしてくれる

A社担当者さん
A社担当者さん
他社さんはどうでしたか?なんとかウチで契約してください!

という積極的な担当者さんや

B社担当者さん
B社担当者さん
よく考えて決めてくださいね。最終価格は少しご協力しますよ

と、控えめな担当者さんもおられましたが、どの会社も他社を意識して、値引きやサービスを提案してくれました

(この工務店は値引きなんて無理だろうな、と思ってこちらからは何も言わなかった会社から、値引きのお話を出されたこともありました)

わが家は、最終的に300万円近く値引きしてもらいました。

相見積もりがなければ、50〜100万円くらいだったと思います。

まとめ|注文住宅の予算を安くおさえたいなら、かならず複数の会社に相見積もりをとろう!

この記事では、注文住宅を少しでも安く建てるために、相見積もりをとることの大切さとその理由をお伝えしました。

相見積もりをとるメリット
  1. 建築費用の相場感覚がわかる
  2. 見積の項目ごとに比較できる
  3. 値引き交渉がしやすくなる

デメリットとしては、時間がかかってしまうことです。

モデルハウスや工務店に出向き、時間をとって打ち合わせ(複数回のことも)しなければなりません。

仕事や子育てをしながら、何度も出かけるのは大変で、交通費もかかります。

そんなときに、家にいながら複数のハウスメーカーや工務店から間取り図・概算見積を取り寄せることもできますよ。

たくさんのハウスメーカーの中から、気に入ったものに候補をしぼって、実際に打ち合わせしてみると良いですね。

3分でできる!相見積もり一括請求

『タウンライフ家づくり』で間取り検討をスピードアップ!
  1. 自宅で間取りプランを取り寄せられる
  2. 複数のハウスメーカーや工務店に一括依頼できる
  3. 見積もり金額もわかり、資金計画に役立つ
  4. 無料・3分で手続き完了!

 

▷間取りプラン作成依頼はコチラ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください