注文住宅とお金のこと

マイホーム計画の見積額が予算オーバー!支出を減らす4つの対策

注文住宅費用予算オーバーの対策①支出をカットする

マイホーム計画って、どんどんお金がかかっていきますよね。

  • 広告を見てビックリ。
  • 見積書を見てビックリ。
  • 追加の請求書を見て、またビックリ!
みお
みお
こ、こんなにお金がかかるの〜?

と、どんどんお金がかかることに驚きっぱなしでした。

わが家は最初に漠然と予算を立てていたときの金額よりも数百万円も高くなってしまいました

(そもそも、はじめに立てた予算が甘く、希望の家は建てられない金額でした)

でも、なんとかローンを組み、購入することができました。

この記事では、予算の金額をオーバーしたときにわたしがとった対策をお伝えします。

予算オーバー?支出をへらす対策!
  1. 家の条件を変更する
  2. 不要な条件・設備などをカットする
  3. 値引き交渉する
  4. サービスしてもらう

家の条件を変更する

まだ正式に決定する前の段階では、いくつかの条件を考えなおすことで大きく金額を下げることができます。

  • 土地の場所を変える
  • ハウスメーカーを変える
  • 家の構造・広さを変える

など、根本的な条件から変更することで、ぐっと金額が下がります。

そのためには、

家づくりで、絶対にゆずれないこと

家の条件を変えても実現できること

をしっかりと整理しておくことが必要です。

不要な条件・設備をカットする

注文住宅は、すべてのものにお金がかかりますよね。

  • 壁紙1面
  • コンセント1箇所
  • ドア1枚
  • 窓1箇所

大きな金額を見ると感覚がマヒしてしまいそうですが、間取り図や明細書をひとつずつチェックして、不要な項目をカットしていきました。

このときに気をつけたことは

  • 家の根幹となる部分(基礎・外壁など)は削らない
  • 後からつけたくても難しいもの(コンセント・水道栓など)は削らない
  • 後から考えても間に合うもの(収納のドア、外構のフェンスなど)を削る

詳細打ち合わせのあとに工務店からもらった追加見積額が250万円もアップしていたのですが、そこから100万円分以上削りました。

スポンサーリンク



値引き交渉する

みお
みお
条件はこれ以上削れない、でもあと少し安くなってほしい…

そんなときの最後の手段が、値引き交渉。

ふだんのお買い物で値引き交渉なんて、なかなかできないんですが、家づくりの計画中には意外と大事なステップでした。

わたしたちも、工務店に提示された建築費用はかなり予算オーバーでしたが、最終的に300万円近く値引きしてもらうことができました。

ハウスメーカーや工務店によっては、一定額の値引きを見込んだ見積額を提示している場合があります。

そんなとき、値引き交渉をせずに額面どおり契約してしまったら損ですよね。

値引き交渉のタイミングやコツなど、ポイントはいろいろありますが、絶対に必要なことが1つあります。

それは、

相見積もりを取る

ということです。

相見積もり(あいみつもり)とは、複数の会社や業者から見積をしてもらうことです。

マイホーム建築→引っ越しにあたり、たくさんの相見積もりをとりました。

  • ハウスメーカーや工務店の建築費用
  • キッチンやバスなどの設備費用
  • 外構費用
  • 火災保険
  • 引越し費用

そのおかげで値引きしてもらったり、最安値を知ったりすることができました。

みお
みお
相見積もりによる競合がいなければ、大幅な値引きは絶対に不可能でした。

工務店の経営方針によって、見積額の目安や値引き額の大小は異なりますが、交渉してみる価値はありますよ!

▼10坪の家の価格と坪単価は?相見積もりを詳しくとりました!▼

狭小住宅の価格・坪単価
10坪の家の価格と坪単価は?木造・軽量鉄骨・重量鉄骨造の見積額を公開!10坪の狭小住宅の価格はどのくらい?木造・軽量鉄骨・重量鉄骨それぞれ坪単価は?ハウスメーカー、工務店各社の見積額を公開します。...

サービスしてもらう

値引き交渉があまりうまくいかない場合でも、サービス工事なら受け入れてもらえることがあります。

本来かかるはずの費用をサービスしてもらえるので、値引きと同じくらい効果がありますね。

わが家は、いくつかの事情により、値引きに加えて

  • LDKの床暖房
  • 造り付けの棚1箇所
  • エコカラット1箇所
  • 収納の扉1箇所
  • 階段横に、飾り棚ふうの壁処理

をサービスしていただくことができました。

とくに床暖房やエコカラットは、予算が足りずあきらめようかと思っていたので、とてもありがたかったです。

みお
みお
つけてもらえて、大満足です!

このほかにも、家族や知人が家を建てたときには

  • 余った木材で棚をつけてくれる
  • なにかの工事のついでに、別の工事もしてくれる
  • 施主支給品を、サービスで施工してくれる

などのサービスをしてもらえた、という話を耳にしました。

クレクレ君は嫌われちゃいますが、なにかのきっかけでサービスしてもらえることがあるかもしれません。

そのためには、

  • 丁寧に、そしてこまめにコミュニケーションを取ること
  • 相手の仕事や価値に敬意を払うこと
  • その上で、可能な範囲で聞いてみること

が大事だと思います!

まとめ|予算オーバーでもあきらめないで!

この記事では、注文住宅の建築費用が高額になったときに、費用を下げる方法をご紹介しました。

マイホーム予算がオーバーしたときに
  1. 家の条件から考えなおす
  2. 不要な条件・設備などをカットする
  3. 値引き交渉する
  4. サービスしてもらう

これらの方法のほかに、「資金をアップする」という方法もありますよね。

▼購入資金を増やす4つの対策はこちら▼

注文住宅費用予算オーバーの対策②資金を増やす
マイホーム建築費用が足りない?購入資金を増やす4つの対策「マイホーム計画の見積額が予算オーバー!支出を減らす4つの対策」では、注文住宅の建築費用が思ったよりも高額になりそうなときに、いかに予算...

マイホームは生涯でもっとも大きなお買い物かもしれません。

あなたにぴったりの資金計画で、後悔のないお買い物になりますように。

▼狭小住宅は意外と割高に?理由を知っておこう!▼

狭小住宅はコストが高い?
なぜ狭小住宅の建築費用は割高になるのか〜狭小地のデメリット〜狭小住宅をローコストで建てたいけれど、建設費用は割高になりがち。実際に10坪以下の家を購入したわたしが、その理由に迫ります!...
『タウンライフ家づくり』で間取り検討をスピードアップ!
  1. 自宅で間取りプランを取り寄せられる
  2. 複数のハウスメーカーや工務店に一括依頼できる
  3. 見積もり金額もわかり、資金計画に役立つ
  4. 無料・3分で手続き完了!

 

▷間取りプラン作成依頼はコチラ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください