夫婦仲良く家を建てるコツ

夫婦で相談しても決められないときに5秒で結論を出せた方法

注文住宅づくり、決まらない

「注文住宅づくりの夫婦トラブル解消!」シリーズ、いよいよ4記事目です。

これまでの3記事は、こんなトラブルを解消する方法を書きました。

  1. 話し合いで意見がぶつかる夫婦
  2. 家づくりに対して温度差がある夫婦
  3. 仕事や育児で忙しくて話ができない夫婦

いずれも、わたしの実体験をもとに書いています。ぜひお読みくださいね!

さて今日は、夫婦で話しても話してもどうしても結論が出ないとき、どうする?というお話です。

これ、けっこうありました。

  • 決めることが多すぎる
  • 初めての家づくりで、知らないことだらけ
  • 1つの決定がこの先何十年を左右すると思うと、こわくて決められない

時間だけが過ぎていき、あせるし疲れるし・・・。

そんなとき、5秒で結論を出せた方法があります!

この記事の中でご紹介しますね。

家の相談をしても決めきれない。どうしよう?

話し合いがうまくいかない

家づくりの中で何度もある、工務店との打ち合わせ。

工務店さん
工務店さん
来週の打ち合わせまでに、◯◯と△△を決めておいてください

と言われ、そのときは

みお
みお
ハイわかりました〜!楽しみ!

と答えるのですが、いざ家に帰ると、なかなか決めきれないことが何度かありました。

設備のカタログや内装のサンプルなど、見れば見るほどわからなくなる・・・

夫婦で話しても結論が出ない。

それに毎日毎日、家の話を十分にできる時間があるわけじゃないし。

みお
みお
あぁどうしよう、決めなきゃ、決まらない、イライラ・・・

そんなときは、もう考えるのをやめちゃいました。

「その場で決める」で意外となんとかなることも

家を決める

じゃあどうしたのかと言うと、結論が出ないまま打ち合わせに行っちゃいました。

みお
みお
なんとかなる・・・かな?

結果、なんとかなるものです(笑)

その場でパッパッと決めちゃいました。

メニューを見ても決められないので、店員さんを先に呼び、「ご注文は?」と聞かれてからパッと決める人っていますよね。

そんな感じでしょうか。

通りがかりの人
通りがかりの人
そんないい加減な決め方で大丈夫なのかしら?

と思われるかもしれませんが、色や柄に何時間悩んでも結論が出ないということは、どっちでもいいんですよ。

それに、決定してもしばらくは「やっぱりこっち」と言える期間がありますしね。

ですが、パッパッと決めてあとから「やっぱりこっち」と変更することはほとんどありませんでした。

みお
みお
直感ってけっこう信頼していいかもです!

行き詰まったときは、気楽にいきましょう!

重大な選択ができないときは?

家の専門家の意見をきく

壁紙の種類や設備パネルの色などはその場でパッパッ、でもなんとかなったのですが、大きな選択については、本当に長い時間悩みました。

土地選びや間取り、いろんなことで悩みましたが、わたしたちが一番長い時間悩んだのは、

家を軽量鉄骨で建てるか、重量鉄骨で建てるか

ということでした。

インターネットや本で調べて、工務店(軽量か重量かで異なるところでした)の方に聞きながら、毎日「どうする?」と話していました。

やっぱりこっち、やっぱりあっち・・・と、ふたりの意見がどんどん変わることも。

でも、どちらを選ぶかというのはわたしたちにとって重大すぎる選択だったので、どうしても決められませんでした

そこで、わたしの友人の一級建築士さんに事情を話して、意見を聞きました。

結果・・・友人の話を聞いて、5秒で結論が出ました(笑)。

(重量鉄骨にしたのですが、このことはまた別記事で書きますね)

だいじなことは、やっぱり専門家の意見を聞こう

専門家の意見をきく

素人のわたしたち夫婦が一生けんめいにリサーチして頭をひねっても、わかることなんてたかが知れています。

だからほかにも、どうしても結論が出ないことは、専門の方の意見を聞きました。

  • 古家付きの土地だけど、リフォームする?新築する?
  • 壁紙やフローリング。最終候補まで絞ったけどどうしても決めきれない!

それぞれ、

  • リフォーム会社ではたらく、夫の友人
  • 工務店の設計士さん、プランナーさん

に意見を聞きました。

どれも家で数日間、数週間と悩んでいたことだったのですが、専門家の意見を聞いたら、やはり5秒で結論が出ました

専門知識の裏づけにより納得できますし、ギリギリ決めかねていたことでも背中を押してもらえる気分になりますよ。

とはいえ、はじめから専門家の方に判断を丸投げしては、頭が納得しても心が納得できなかったかもしれません

だから、悩んだ時間も無駄ではなかったと思います。

いくら考えてもわからない、決めきれないときは、専門家に相談しましょう!

まとめ〜肩の力を抜いて、いざとなったら専門家に相談!〜

今日は、結論が出ない夫婦について書きました。

ダラダラ話して、時間はかかるけどいっこうにアイディアや結論が出ない話し合い。

無駄な会議と同じで、意味がありませんよね。

そんなときは、家の話はしばらくやめて、別の話をしたり、気分転換に外に食事に行ったりしました。

視野が狭くてこり固まっている状態では良いアイディアは出ません。

家づくりのことはちょっと忘れて、リフレッシュしよう!

ここまで4回シリーズで、わたしたち夫婦がつまづいたポイントを書いてきました。

  1. 意見がぶつかる夫婦
  2. 温度差がある夫婦
  3. 忙しい夫婦
  4. 夫婦で結論を出せないとき(この記事)

こうして思い返すと、いろいろと壁があったんだなぁと思います。

家づくりって一大イベントなので、夫婦おたがいのことがよく見えます。

  • ふたりの関係の問題点が浮き彫りになったり
  • 逆に家づくりを通してまた理解を深めたり

と、いろんなことがあります。

結婚して5年ほどですが、このタイミングで2人でこんな経験をできたこともまた、家を買ってよかったと思えることのひとつです。

あなたも、パートナーと楽しい家づくりができますように!

『タウンライフ家づくり』で間取り検討をスピードアップ!
  1. 自宅で間取りプランを取り寄せられる
  2. 複数のハウスメーカーや工務店に一括依頼できる
  3. 見積もり金額もわかり、資金計画に役立つ
  4. 無料・3分で手続き完了!

 

▷間取りプラン作成依頼はコチラ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください