狭小住宅

狭小住宅に必須!間取りの『2 in 1』スペースを探せ!

狭小住宅の間取りの工夫②

前回の「超絶狭い土地を最大限有効に使うには、間取りの◯◯を減らす!」という記事では、デッドスペースを減らすアイディアについて書きました。

まだ読んでない方は、ぜひ読んでくださいね。

さて、あなたのおうちの間取り図からデッドスペースがなくなりましたか?

ではここで、もう一つ間取りの工夫についてお話します。

これ以上むだを減らせるところがないよ〜?

みお
みお
こんどは減らすんじゃなくて、増やすんだよ〜!

そうなんです。

今日は、スペースを2倍に使えるワザ、『2 in 1』についてご紹介します。

わが家は8坪という超絶なる狭小住宅ですが、この『2 in 1』の間取りを取り入れることで、不便さを感じず、住むのが楽しみと思えるおうちになりました。

こんな人におすすめ
  • 狭い土地に家を建てる人
  • 狭いからなにかをガマンしなきゃいけない、と思っている人
  • 機能的に暮らしたい人

それではどうぞ!

『2 in 1』は、一石二鳥の間取り

2 in 1(ツー・イン・ワン)とは、1つの物に2つの異なる機能を内蔵する場合などに使われる一般的な用語。
(引用:Wikipedia

IT用語としてよくつかわれることばで、タブレットとパソコンの2つの使いかたができる機器も 2 in 1 と呼ばれていますね。

これ、家の間取りでも同じ考え方ができるんです。

本来2つの用途のために2つの場所が必要だったのを1つの場所にまとめることができれば、それだけスペースを有効利用できますよね。

まさに一石二鳥の間取り

2in1の間取り

以下は、わたしたちが実際に取り入れたアイディアです。

  • ダイニング 兼 リビング
  • キッチンが廊下を兼ねる
  • 階段に本棚
  • 洗面所 兼 ランドリースペース
  • 寝室 兼 第2の仕事場

この中からいくつか、くわしく書いていきますね。

ダイニング 兼 リビング

ダイニングとリビングを一つに

うちはLDKあわせて13〜14畳ほど。

一般的な広いダイニングとリビングは確保できません。

そこで、ダイニングでくつろぐスタイルにしました

間取り図にはリビングらしいものは無かったけど、とくに違和感はありませんでした。

前に住んでいた家でもテレビは見ないし、ソファも置いていなかったんです。

夫とわたしがお茶を飲んでパソコンしながらくつろげるダイニングテーブル、そして足元で子どもといっしょにコロコロ転がって遊べるスペースがあれば十分です。

子どもがもう少し大きくなったら、いっしょにお絵かきをしたり、お勉強や宿題ができる小さなスペースを作ろうと思います。

キッチンが廊下を兼ねる

キッチンが廊下を兼ねる

うちはキッチンを2階にしました。

このキッチン、実は3階に上がる階段への通路も兼ねているんです。

キッチンが、ろーかなの?

変な感じもしましたが、それ以外に廊下をつくるスペースがなかったので、この形になりました。

落ち着かないんじゃないかとはじめは違和感がありましたが、意外と良いこともありますよ。

こんな印象です。

  • 狭い家のわりには、キッチンの通路を広く使える(なにしろ廊下兼用だから)
  • 人が来ると落ち着かないと思ったが、お客さんは基本3階には上がらないので問題なし
  • 学生でワンルームマンションに住んでいたとき、玄関→廊下にキッチン→部屋だったので、その延長線上という感じ

ちなみにキッチンは標準の255cm幅を入れたので、キッチン自体は狭くない、十分な広さです。

階段に本棚

階段に本棚

わが家は4階建てなので、階段が多いです。

狭小住宅では必然的に階段面積の割合が高くなります

10坪の家でも100坪の家でも、階段に必要な広さはほぼ同じだからです。

みお
みお
移動するだけなのに、こんなに面積取られちゃうの〜

なんとか階段の面積を節約できないかと考えましたが、小さい子どももいるし、階段の幅や面積を削ることは危険なのでしたくありません。

そこでまた、『2 in 1』の発想です。

階段 兼 本棚です。

夫婦ともに本が好きなので、階段に本が並んでいるとワクワクして、上がるのが楽しみになるかな?と思って取り入れました。

とても気に入っているアイディアです。

ほかにもたくさん!2 in 1でどんどん機能的に

ここまで紹介したほか、

  • 洗面所 兼 ランドリースペース
  • 寝室 兼 第2の仕事場

など、できるだけ複数用途に使えるスペースを増やしました。

トイレだけは、複数の使いみちが見つからなかったのですが・・・(笑)

なにかあるかな?

2 in 1の間取りは、ほかにこんなアイディアもありそうですね。

  • 玄関 兼 簡易応接間
  • 廊下 兼 サンルームor書斎など
  • バルコニー 兼 第2リビング

あなたのおうちに合った間取りを見つけてくださいね。

参考にした本

2 in 1や前回記事のデッドスペースを減らす工夫について、いろんなサイトや本で情報を集めましたが、いちばん参考になったのがこの1冊です。

ほかに読んだ間取り集などの本は広い家が多くて、参考にならない部分もあったのですが、

この本はほんとうに狭小住宅に特化しています!

わが家と同じ8坪の家や、10坪、14坪など、客観的に見ても「狭いな〜」と思う家がいくつか紹介されています。

とくに、10坪前後の狭小住宅を建てる方むけのアイディアが豊富に書かれている1冊です。

まとめ〜固定観念にとらわれず、おトクに空間を使おう〜

ここまで、空間を有効に使える 2 in 1の間取りについてご紹介しました。

2 in 1まとめ
  1. 2 in 1はスペースを2倍おトクに使える
  2. こんなの変?不便?という思い込みを捨てよう
  3. 複数取り入れると、どんどん機能的な家に!

狭小住宅を建てるには、フツウの感覚ではどうしてもうまくいきませんでした

頭をひねって、アイディアをひねり出して、空間をどんどんおトクに使っちゃいましょう!

>>>狭小地でも、まだまだ空間を使えちゃいます!空間を縦に使うアイディアはこちら

狭い土地でも家を広く見せる7つの間取りの工夫。横が無理なら縦を使おう!10坪以下の狭小住宅。空間を最大限利用して、狭い土地でも広く開放感のある暮らしを手に入れましょう!7つの方法をご紹介。...
『タウンライフ家づくり』で間取り検討をスピードアップ!
  1. 自宅で間取りプランを取り寄せられる
  2. 複数のハウスメーカーや工務店に一括依頼できる
  3. 見積もり金額もわかり、資金計画に役立つ
  4. 無料・3分で手続き完了!

 

▷間取りプラン作成依頼はコチラ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください